スポンサードリンク

ナースカーディガン カーディガンとは?

ナースカーディガン カーディガンとは?

ナースカーディガンのカーディガンについて調べてみました。

ブティックカーディガンの定義は「衿が無くて長袖が付いたジャケット」のことです。

ジャケットの前はボタン止めのタイプと開けて着るタイプがあります。

目カーディガンの名前の由来は、イギリスのカーディガン伯爵(1797〜1868)にあるようです。

カーディガン伯爵が愛用したことからカーディガンという名がついたといわれています。決定

カーディガンはもともとは19世紀中頃に考案された軍隊用の上着だったようです。

頭からかぶって着る衣服と違って、自力では動くことができない負傷した兵士を治療するためでした。

病院脱ぎ着が代行可能なので、たやすく治療できたわけです。

素材の多くはニットで作られていて、毛皮かブレードの装飾があり前ボタンを留めて着るのが基本です。

眼鏡そののちに一般にも広まってきて、日常着やスポーツ用に着用されるようになったようです。

ひらめき装飾などは省略されて、前のボタンは留めるか開けるか数個だけ止めるかなどと

アレンジされてきました。

現代は冷房に弱い女性に特に愛用されています。るんるん

オフィスレディーや看護師(ナース)さんなどに優しさのシンボルとなって定着しているようです。

看護師さんお疲れさんですexclamation

看護師さん頑張れ黒ハート

ナースカーデガンを探されておられるならば看護師限定のナースリーです。

公式サイト最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー






ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。